ディーラー下取り メリット デメリット

ディーラー下取りのメリットとデメリット 車を売るつもりなら必見!

 

 

車の買い換えを検討している場合、今乗っているクルマの処分方法を考えますよね。

 

「古いクルマは知り合いに譲るつもり」というケースを除いて、どこかしらに愛車を買い取ってもらうことになるかと思います。

 

そのときに、一般的には

 

 買取専門店に買い取ってもらう

 

 新しいクルマの購入先(ディーラー・中古車販売店)で下取りしてもらう

 

という二つの方法が考えつきますが、どちらがお得なのか迷うところです。

 

そこで今回は、車をディーラーに下取りしてもらうう場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

車をディーラーに下取りしてもらうメリット

 

乗っていた車を下取りしてもらうメリットは、やはり車を売る手間が省けるということ。

 

新しい車の購入と古い車の売却が同じ場所で一度でできるので、手間や時間的なメリットがあります。

 

一つのメーカーの車しか乗らないと決めてたり、時間がないという忙しい人で、できるだけシンプルに手続きしたい人などにはおすすめの方法です。

 

また、ディーラーや販売店では、とにかく車の販売がメインになります。

 

ですから、車を購入してもらえる予定があるのであれば、少々難のある車でも下取りしてくれる可能性は大です。

 

事故車や年式の古い車、不人気車であっても、よほどでなければ、査定額ゼロになったり、逆に処分料を請求されてしまうということはないでしょう。

 

買取専門店では、値段がつかない車は基本的に買取ができないため、買取店で断られた場合に最後の手段として下取りしてもらうというのも賢い方法です。

 

そして、同じメーカーの車種を購入する場合は、買取査定より高くなる可能性もあります。

 

これは店側が自社の中古車部門で販売しやすいクルマを仕入れできることから、査定額に色をつけやすくなるからです。

 

 

 

 

それから、新規購入車の値引きの上乗せ分として、下取り額がアップするケースもあります。

 

たとえば、発売されたばかりの新型車というのは、通常値引き幅が低く設定されているもの。

 

その新車をもう少し安くすれば、お客さんは買ってくれそう・・・というときに下取り額で調整するわけですね。

 

ただしその場合に注意したいのは、高い下取価格を提示する代わりに、新車の値引き率が下がってしまう場合もあるということ。

 

そうなると、せっかく下取りをしてもらう意味がなくなってしまいますので、売る際には総合的に考えて判断するようにしましょう。

 

 

 

車をディーラーに下取りしてもらうデメリット

 

まず最大のデメリットを挙げますが、ディーラーでの下取価格の方が、買取専門店の買取額よりも低くなる傾向があります。

 

特に、他社のメーカーのクルマや外車を国内ディーラーで査定してもらうと、市場価格よりも低くなる可能性がとても高いです。

 

大手ディーラーは中古販売店を系列に持っているところがあるものの、すべての店にそういった独自販売ルートがあるわけではありません。

 

新車を売るために下取りしたものの、売るあてがない・・・・ということもよくあります。

 

その場合、買い取った車をどのように処分するかといえば、オークションに出品して安値ででもさばいてしまおうとするケースがほとんどなのですね。

 

 

 

 

一方、買取専門店ではオークション以外にも独自の販売ルートを保有し、中古車を売る販売チャネルが豊富。

 

買取の金額に利益を乗じて店頭販売やオークションで売り出すわけですが、これを実現できるのも、専門店として所有している膨大なデータと販路確保のおかげなのです。

 

買取店では販売先が多岐にわたることから、ドレスアップカーや希少車、特殊な車両やレアな輸入車であっても多くの場合で仕入れが可能になります。

 

そういったことから、ディーラー査定上では評価されない純正部品以外のオプション品の追加や、人気のドレスアップパーツも査定額アップの要素となり得るのです。

 

「高く売れることがわかっているから高くても仕入れられる」

 

そのためユーザーにとっては、下取りに出すよりも、よりよい売却価格で取引ができる可能性が高まるのですね。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

関連ページ

車を高く売るためのコツ 下取り・買取価格が変わるテクニック
今乗っている車が、仮に10万円〜20万円高く売れたらどうでしょうか?次に購入するクルマにオプションが1つ多く付けられたり、支払いが少なくなりますよね。さらに、ワンランク上の車種を買うことも可能になるかもしれません。ここでは、以前、中古車販売店と買取専門店に勤めていた筆者が「車を高く売るためのコツ」を紹介していきます。
現在の査定価値を知ることが大切
車を売却するにもさまざまなコツがあります。どうせ売るなら少しでも高く売りたいところですが、そのためには、まず、「いま乗っているクルマにいくらくらいの流通価値があるか」を知っておかなくてはなりません。そのための方法にについて解説しています。
外車を国産ディーラーで下取りに出すと損する3つの理由
外車を国産ディーラーで下取りに出すと損する3つの理由について解説しています。国産ディーラーで外車・輸入車を高く下取りできないのにはワケがある!・・・という事実を知っておいたほうがいいでしょう。
新車高額車種が買取で安く買い叩かれてしまう理由
新車高額車種が買取で安く買い叩かれてしまう理由について解説。中古車の買取の世界は実に面白く、旬な商品をタイミング良く捌く事ができれば相場よりも高く売り抜くことができます。これは市場流通における需要と供給のバランスが成し得る妙技といえるでしょう。
洗車・掃除をしておくと10万円高く売れる?
キレイなクルマと汚いクルマとでは、査定額に5〜10万円もの差がつくこともあるのですから、お店に持ち込む前には可能な限り見た目をよくしておきたいところです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 中古車の一括査定 中古車の売り方 自動車保険 目次