自動車用語集 た・な行

自動車用語集【た・な行】

 

 

 

自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。

 

そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。

 

【た行】

 

タイミングベルト

カムシャフトとクランクシャフトをつなぎ、スムーズな動きになるよう調整しているベルト。

 

ダウンフォース

走行中の車にかかる空気抵抗で、路面に車体を押し付けようとする力のこと。

 

ダブルクラッチ

マニュアル車でスムーズなシフトアップ(ダウン)を目的に、クラッチを切ってニュートラルに入れ直し、またクラッチを切ってシフトアップ(ダウン)をする動作のこと。

 

チョーク

エンジンの始動性を向上するために、混合器の空気を混ぜる量を減らして燃料濃度を上げる装置。

 

直噴エンジン

シリンダーの中へ直接燃料を噴射する仕組みを持つエンジンのこと。

 

チルト

ステアリングホイール(ハンドル)を上下に動かして、高さを調節する装置。

 

ツインカム

カムシャフトが2本あること。

 

テレスコピック

ステアリングホイール(ハンドル)を前後に動かして、奥行を調節する装置。

 

点火時期

シリンダーに充満した圧縮混合気(燃料と空気を混ぜて圧縮した空気)に点火するタイミングのこと。通常は、ピストンがシリンダーの一番奥に押し込まれたときに点火される。

 

トー

車を真上から見たときに、進行方向に対してタイヤが向いている角度。タイヤを人の足に例えると内股になっているか、外股になっているかということ。内股ならトーイン、外股ならトーアウトという。前輪は走行中に外側へ開こうとする力が働くので、トーインになるように調整すると安定した走りを得られ、タイヤの磨耗も軽減する。

 

ドライブシャフト

内輪と外輪の速度差を吸収してエンジンからの動力を均等に振り分けるデフレンシャルギアとホイールをつないで、エンジンの動力を車輪に伝える軸。

 

トルクステア

前輪駆動車もしくは四輪駆動車で、エンジンから左右の車輪への動力の伝わり方に差が出たときに、ハンドルを切っていないのに車が曲がろうとする現象。急にアクセルを踏んだ場合に起こりやすい。

 

トレッド

2通りの意味がある。
1.タイヤが路面に接地する部分をいう。排水やスリップ防止などの目的で刻まれた溝を、トレッドパターンという。
2.左右の車輪の中心軸を結んだ距離をいう。車幅の基本になるもので、車のデザインに関わってくる。

 

 

【な行】

 

燃焼室

ガソリンと空気を混ぜた混合気を燃焼させる、エンジンの中にある空間。主にシリンダーを指している。

 

ノッキング

燃焼室の壁が異常に熱くなってしまったことが原因で起こる、異常燃焼のこと。エンジンから金属音がしたり、ガタガタと車が揺れたりする。

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

関連ページ

あ行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。
か行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。
さ行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。
は〜ら行
自動車に長年乗っていても、「聞いたことはあっても詳しくは知らない」という専門用語があるものです。そんな自動車用語についてわかりやすく解説し、一覧にまとめてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 中古車の一括査定 中古車の売り方 自動車保険 目次