90年代のWRCラリーベースモデルたち【セリカGT-FOUR・パルサーGTI-R】

90年代のWRCラリーベースモデルたち【セリカGT-FOUR・パルサーGTI-R】

 

 

前回の記事、90年代のWRCラリーベースモデルたち【ランエボ・インプレッサWRX】では、ラリーベース市販車として知名度の高い2車種を紹介しました。

 

 

そして今回は、ランエボとインプに比べると認知度は低いかも知れないものの、90年代ラリーシーンにおいて高スペックと実績を誇った2車種を紹介します!

 

 

「実力派ながら渋めのチョイス」「希少な中古車」ということもあり、いまだにマニアの間では高値で取引されることもあるこの2台。

 

 

まさに当時、世界を舞台に戦った “国産戦闘機” とも言うべき魅力的なクルマたちです。

 

【一括査定】クルマを相場以上に高く売る

 

 

 

トヨタ セリカGT-FOUR

 

 

古くからWRCへの参戦を続けていたトヨタ。

 

 

1993年にはユハ・カンクネンがセリカターボ4WD(5代目 T180型)を駆ってドライバーズチャンピオンに輝き、メイクスとともにダブルタイトルをものにしたほどです。

 

 

そんなラリー経験とノウハウをフィードバックして開発された第3世代のセリカGT-FOUR(6代目 T200型)と、そのWRC仕様モデル。

 

 

WRC王座を守るべく登場した実戦仕様車は多くのモータースポーツファンを魅了しました。

 

 

もともとセリカといえば「スペシャリティーカー」の先駆者ともいえる存在。

 

 

おしゃれで優美なイメージを表現するスポーツククーペとして若者を中心に人気の車でした。

 

 

それが、1994年2月に登場した第3世代のセリカGT-FOURは、まるで別格の硬派なモデルとして登場します。

 

 

特に限定2100台で国内発売された、大型スポイラー装着のWRC仕様車は、ランエボやWRXの両雄に割って入る極めてホットなモデルとして注目を浴びることになります。

 

 

最高出力は255ps、31kgm

 

 

1993年〜1999年にかけて生産された6代目セリカ(ST20#/ST202C型)は、斬新なフロントデザインでも注目されました。

 

 

異形4灯式ヘッドライトを空力特性も考慮して配置したフロントマスクは当時、ユーザーや批評家の賛否が分かれる大胆な仕上がりに。

 

 

エンジンルームには縦置きにマウントされた3S-GTE型を搭載。

 

 

最新の内容へと熟成された実践型ユニットは、コッグドベルトで駆動されるDOHC直列4気筒16バルブ2.0L。

 

 

インタークーラーターボを備え最高出力は255ps/6000rpmと31kgm/4000rpmの最大トルクを発揮するパワートレーンでした。

 

 

ラリーベース仕様ということで、駆動方式は当然のごとくフルタイム4WDを採用。

 

 

強力なトルクを確実に駆動軸に伝達するため、前サスペンションは左右アッパーを連結するパフォーマンスロッドも備えるスーパーストラット。

 

 

後はサブフレームの支持剛性を高め、各アームを長く設定したデュアルリンク式ストラットを採用しました。

 

 

悲運のマシン ST-205

 

 

「トヨタ・チーム・ヨーロッパ (TTE) 」時代から数えると、国際ラリー活動に40年以上かかわってきたトヨタ自動車。

 

 

WRC挑戦の歴史は古く、セリカは1979年から歴代モデルが使われ始めることになります。

 

 

メイクス王座を獲得した翌年(1994年)の後半にST205を投入予定にしていたものが、複雑化したメカセッテッィングのために断念。

 

 

デビューを95年の第6戦まで待つことになってしまいます。

 

 

ところがデビュー戦の次戦でチームの不正が提訴される事態に。

 

 

翌年の出場禁止を含む厳しい処分を下されたこともあり、ST205は悲運のマシンとしてカローラWRCにその座を明け渡すことになります。

 

 

クルマの素性は悪くなかったことから、各国の国内ラリーやサーキットレースでその実力を発揮することができたのがせめてもの救いでしょう。

 

 

 

日産 パルサーGTI-R

 

 

パルサーといえば1970年代から2000年まで生産が続いたロングセラーであり、日産自動車の屋台骨のひとつだった小型自動車。

 

 

国内だけでなくヨーロッパでの人気も高く、スポーティカーの最大市場を築いていたホットハッチモデルでもあります。

 

 

そんな安価な小型大衆車の代名詞のようなパルサーに、空前絶後とも言える高スペックを盛り込んで注目を集めたのが「GTI-R」でした。

 

 

グローバル市場に向けた量販モデル・パルサーは、日産チェリーのFF方式を引き継いでで誕生した一台として知られています。

 

 

1990年8月に登場した4代目では、3ドアハッチバックと4ドアセダン、5ドアセダンの3機種を展開。

 

 

1.3〜2.0Lまでの5機種のガソリンエンジンと1.7Lディーゼルも加え、実に多彩なバリエーションを誇る、まさに日産の中核車種でした。

 

 

その中で最も高性能で熱いモデルとして頂点に君臨したのが2000GTI-Rだったのです。

 

 

その名にふさわしい装備群

 

 

2000GTI-Rは3ドアハッチバックに唯一のインタークーラーターボ付き2.0Lエンジンを搭載し、ビスカスLSD付きのセンターデフ方式フルタイム4WDで武装。

 

 

ボンネットフードには戦闘的イメージを知らしめる大型エアインテークを設け、ルーフエンドには専用のスポイラーを装着。

 

 

大げさなオーバーフェンダーこそありませんが車幅は小型車枠いっぱいの1690mmまで拡大されています。

 

 

インテリアでは、走りを予感させる3連スポーツメーターが並び、専用の赤いセンターボスをはめた3本スポーク本革巻きステアリングホイールが装備されました。

 

 

当然、シートも専用のフルバケットタイプです。

 

 

 

 

肝心の機構面については、まずミッションは5速マニュアルのみ。

 

 

4連スロットルチャンバーを備えたSR20DET型エンジンの最高出力はなんと230ps/6400rpm!

 

 

最大トルクは29kgm/4800rpmを発揮するという、当時、このサイズの車では考えられないほどの高性能車だったのです。

 

 

前後のサスペンションも強化タイプを使用し、モータースポーツへの誘いへも対応できるハイポテンシャルが魅力。

 

 

多くのクルマ好きを魅了して当然の一台でした。

 

 

待望ののWRC復帰

ドキュメンタリー映画『栄光への5000キロ東アフリカ・サファリ・ラリー優勝記録』で描かれたように、日産は「栄光のサファリ」にこだわり続けていました。

 

 

そしてついに、1991年の第4戦サファリラリーからパルサーGTI-RでWRCに復帰。

 

 

この年、4戦を戦ってマニュファクチャラーズ部門7位、翌92年には8戦を走って同6位を獲得します。

 

 

GTI-Rは高性能メカを詰め込みすぎたためセッティングが非常に難しく、結局、わずか2シーズンをもって撤退と相成りました。

 

 

しかし、セッティングがハマったラリーではめっぽう速かったと言われています。

 

 

三菱 ランサーエボリューション、スバル インプレッサWRXの2車種については以下のページへ

 

>>【ランエボ・インプレッサWRX】編

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

関連ページ

NSX
1990年代を彩った魅力あふれる国産スポーツカー【ホンダ NSX】について、その魅力・歴史を紹介しています。
スカイラインGT-R(R33・R34)
1990年代を彩った魅力あふれる国産スポーツカー【日産 スカイラインGT-R R33・R34】について、その魅力・歴史を紹介しています。
トヨタ スープラ / 三菱 GTO
1990年代を彩った魅力あふれる国産スポーツカー【トヨタ スープラ / 三菱 GTO】について、その魅力・歴史を紹介しています。
WRCラリーベースモデル(1)
1990年代の車好きたちをうならせたWRCラリーベースモデルたちを紹介しています。【ランエボ・インプレッサWRX】編

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 中古車の一括査定 中古車の売り方 自動車保険 目次