チェーン規制がかかる条件は?スタッドレスじゃダメなの?

チェーン規制がかかる条件は?スタッドレスじゃダメなの?

 

 

降雪のことを心配する季節になり、スタッドレスタイヤに履き替えようかと考える人もいるかと思います。

 

 

そのとき気にかかるのが高速道路でのチェーン規制

 

 

 

・チェーン規制がかかる条件はどうなっているのか?

 

 

・規制のかかった通行禁止区域をスタッドレスや夏タイヤで走るのは可能なのか?

 

 

・夏用タイヤのまま走ったら、違反切符を切られて、反則金を払うことになるのか?

 

 

 

といった、出かける前に知っておかないと不安になることってありますよね。

 

 

今回はこのようなポイントについて解説していくことにします。

 

クルマを高く売るときに利用したい!無料査定サイトランキング

 

 

 

チェーン規制には2種類ある

 

そもそもチェーン規制には2種類の意味があります。

 

 

まず「第一次チェーン規制」と呼ばれる「滑り止め装置・装着規制」です。

 

 

一般的に言われるチェーン規制は、この第一次規制のことを指します。

 

 

この規制のかかった道路を走行するには、冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)を装着するか、夏用タイヤの場合はチェーンを装着しなくてはなりません。

 

 

つまり、4本とも冬タイヤを履いていればOKなわけなので、「チェーン規制」という名称は紛らわしいですね。

 

 

この段階で、高速道路入り口やサービスエリアで係員や警察によるタイヤやチェーン装着のチェックが入ります。

 

 

夏用タイヤの準備しかない場合は引き返すか、次のインターチェンジで降りるように誘導されることになります。

 

 

 

 

次に「第二次チェーン規制」と呼ばれる「全車両チェーン装着規制」について。

 

 

こちらはスタッドレスを履いていても走行不可です。

 

 

金属、非金属を問わずチェーンの装着が必要になります。

 

 

この規制は高速道路が通行止めになる直前の緊急措置として出される場合が多いようです。

 

 

 

規制がかかる条件

 

チェーン規制がかかる条件は、降雪量だけでは決まりません。

 

 

パトロール隊や高速道路交通警察隊が巡回し、夏用タイヤでの走行が危険と判断されると「速度規制」「チェーン規制」を出すことになります。

 

 

さらに、除雪作業や凍結防止剤の散布では間に合わないと判断すれば、通行止めになるケースが多いようです。

 

 

また地域によっても条件は違います。

 

 

ノーマルタイヤ装着率が高い降雪量が多くない地域(雪国以外の地域)では、積雪で大渋滞や事故が発生しやすいため、10cm以下の降雪量でも通行止めにするパターンが増えてきているようです。

 

 

 

夏用タイヤで走ったら違反になる?

 

チェーン規制区間を夏用タイヤで走ったら違反になるのか?については、警察の制止を振り切った場合に限り違反となります。

 

 

高速道路では「高速自動車道等措置命令違反」となり違反点数2点、反則金はなし。

 

 

一般道では「警察官通行禁止制限違反」となり違反点数2点、反則金はなしとなります。

 

 

 

車を高く売りたいなら無料一括査定がおすすめ

 

 

クルマ買い替え体験者のデータを見てみると、中古車を高く買い取ってもらえているのは下取りよりも一括査定サービスを利用した場合です。

 

その差額は少なくとも3万円で、10万円以上になることも珍しくありません。

 

査定サービスのなかでも最大10社から一括査定が受けられて、特に高額査定が出やすい『ズバット車買取比較』がおすすめです。

 

 

申し込みは30秒〜1分ほどで、一番高く買い取ってくれる会社を教えてくれますよ。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

先進安全自動車(ASV)
ここ数年、先進安全自動車(ASV)という言葉をよく耳にします。先進安全自動車(Advanced Safety Vehicle)とは、自動ブレーキ装置などの先進技術を利用して、ドライバーの認知や判断、操作をサポートしてくれるシステムを搭載した自動車です。特に最近の新車モデルには、ほとんどが設定できるなど、近年目覚ましい発展があります。国土交通省が「ASV推進計画」の元に促進しているプロジェクトなので、今後発売される多くの車種で採用され、ASVであることが当たり前の社会になっていくことでしょう。
ゲリラ豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを
ゲリラ豪雨による冠水や家屋の床上浸水など、生活に与える被害も甚大であると同時に、クルマとドライバーに与える影響も小さくありません。そんな集中豪雨に対応した道路規制を確認して安全なドライブを楽しみましょう。
旅先でオービスを光らせたら現地の警察署まで出頭する必要がある?
旅先や遠方に出かけた際にオービスを光らせた場合、わざわざ違反切符を着られるために現地の警察署まで出頭する必要があるのでしょうか?現在主流のオービスシステムについても解説しています。
タイヤの排水性能は○○に左右される
タイヤの溝の深さと、雨の日の排水性能について。溝の浅くなったタイヤは制動距離が長くなったり、ハイドロブレーニングの危険性が高まります。また自動ブレーキ車の性能が十分に発揮されないケースにもつながります。
冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニック3つ
冬のドライブには危険がいっぱい!とくに路面が凍結している際の運転には慎重さが求められます。冬のカーブが危険な理由と安全に走るための運転テクニックを紹介しています。
車のブレーキトラブル!フェード現象・ペーパーロックってなに?
車を安全に運転するうえで生命線となるのがブレーキ。そのブレーキの主なトラブルとして、「フェード現象」と「ペーパーロック」があります。それぞれ、どんな状況でどんなことが起こるのか?そして、起こったときの危険回避法について解説していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 中古車の一括査定 中古車の売り方 自動車保険 目次